top of page

【山羊革(ゴートレザー)とは?】

山羊革(ゴートレザー)とは、大人の山羊から作られる革で、軽くて丈夫で型崩れしにくい特徴を持っていることから、軍用ジャケットやベルトなどにも使われています。このゴートレザーについて解説します。


山羊革(ゴートレザー)とは?

山羊革(ゴートレザー)は大人の山羊から作られる革です。「ゴートスキン」と呼ばれることもあります。

山羊革(ゴートレザー)は軽くて丈夫で型崩れしにくい特徴があることから、財布やバッグ、ベルトやレザージャケットなど多くの革製品の素材に使われています。


山羊革(ゴートレザー)と牛革の違い

一般的に牛革は、皮革のなかでも厚く、強度と耐久性があります。しかし山羊革(ゴートレザー)はその牛革を上回る強度があると言われています。

さらに、牛革は厚くどっしりとした重みがありますが、山羊革(ゴートレザー)は軽く、革の厚みは牛革の半分ほどしかありません。



山羊革(ゴートレザー)の特徴

山羊革(ゴートレザー)は強くやわらかいため、本革製品をあまり使ったことのない方にもおすすめの革素材です。



強靭性がありながら、革自体はとても薄く手触りもやわらかいです。牛革の半分ほどの薄さしかなく、伸縮性もあります。毎日持ち歩く財布やバッグなど、極力軽いものが良い方には、山羊革(ゴートレザー)製品はぴったりです。



山羊革を使用した革靴のご紹介








お買い得な革靴をお探しなら



閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page