【お手入れ5 : 革靴を長持ちさせるコツ】

更新日:8月8日

【お手入れ4 履いた後のケア】はこちら

5革靴を長持ちさせるコツ

履けば履くほど傷んでしまうのは仕方ないことですが、ちょっとした気遣いで靴を長持ちさせることができます。

長持ちさせるコツを習慣化して、お気に入りの靴を長く愛用してください。


毎日同じ靴を履くのはNG

1日履いたら1~2日ほど休ませ、一週間で2~3足を交代で履くようにするのが良いでしょう。

人は1日にコップ1杯の汗を足からかくといわれ、革靴は湿気が乾くまでには半日〜1日ほどかかります。

連日湿った状態で靴を履くと劣化を早め、寿命を縮めることになるので休ませてあげることが大事です。


靴を履くときの注意点

あなたは靴を履くとき、靴べらを使っていますか?


靴べらを使わず無理に履くと、靴の踵部分に負担がかかり、内側の革が伸びたり、摩擦で破れたり、糸がほつれたりしてしまい型崩れをおこす原因になります。

革靴の踵部分は傷みやすいので、革靴を履くときは「靴べら」を使用しましょう。


革靴はしっかりとお手入れすれば何年も履くことができます。

愛着の湧いたお気に入りの靴をずっと履き続けられるように、定期的なお手入れと日頃のほんのわずかな気遣いを怠らないようにすることが大事です。



お買い得な革靴をお探しなら

株式会社プライムロード オンラインストアはこちら

閲覧数:25回0件のコメント