top of page

【革靴の基本:なぜ革靴クリームは必要?】

革靴クリームには、主に以下の2つの効果があります。

  • 革靴に栄養を与える

  • 革靴に光沢を出す

革靴に使われる革は基本的に牛革がほとんどです。 次いで馬革も多く使用されています。

特に馬のお尻の部分にあたる「コードバン」という革はキメが細かく、高級靴に使用されます。

革靴に使われている革はもともと生き物です。

そのため定期的な栄養の補給が必要であり、その栄養となるのがクリームです。

栄養を補給しないと表面がカサカサになり、ヒビ割れが発生してしまいます。


基本的に光沢があるほど高級感が増しますが、クリームを塗らずに放置すると光沢が失われ、革靴ならではの高級感がなくなってしまいます。

革靴を長持ちさせるためにクリームは必要です。


ちなみに、フェイクレザーと呼ばれる合皮の靴は近年格段に品質が上がっています。

一目見ただけでは本物の革と見分けがつかない合皮も少なくありませんが、合皮の場合はクリームを塗っても栄養を吸収しませんので、クリームは必要ありません。

ただし汚れは定期的に落とすようにしましょう。


革靴には定期的なメンテナンスが必要です、そのなかでもクリームには保湿や栄養を与えツヤを出す重要な役割があります。

革靴を常に美しい状態に保ちましょう。

お買い得な革靴をお探しなら

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page