【革靴の基本 : フィッティングについて】

足に合わない靴は、足の病気やトラブルを起こすだけではなく、履き続けることで血行が悪くなり、腰痛、頭痛、肩こりなど、その悪影響は身体全体におよびます。

そこで大切なのは、自分の足に合った靴選びをしましょう。


①まずはきちんと靴ひもを緩めよう

②踵を合わせて履く。靴ベラを使えばカカト部を傷めず足入れも楽。靴ベラは習慣化しましょう。きちんと両足とも履くことを忘れずに。

③羽根の広がり具合を確認。履く前の状態に比べて極端に開いたり閉じたりしてないか確認しましょう。

④座った状態で、つま先、特に第三、第四、第五指にゆとりがあるか(このゆとりを捨て寸といい目安は木型によります)履き口がくるぶしにあたっていないか確認しましょう。

⑤実際に立ち上がりフィッテングをチェック。つま先や踵に重心を移して、違和感や異常に締め付けられる箇所がないか確認しましょう。

⑥足に合ったサイズと思ったら、必ず両足とも履き、実際に店内を少し歩いてみましょう。


昔から「靴は夕方に買うといい」と言われてきました。夕方には足がむくみ、一番大きな状態になるので、それに合わせて靴を選ぶという考え方です。それでは夕方以外は大きな靴を履いていることになり、足への負担になります。

そこで最近では、足に合った靴は「その人の仕事で最も活動する時間帯に合わせて選ぶのが良い」と言われています。

【お手入れ : 革靴を新しく購入したときのケア】

お買い得な革靴をお探しなら

株式会社プライムロード オンラインストアはこちら

閲覧数:7回0件のコメント