top of page

【革靴の基本 : 内羽根と外羽根の違い】

革靴のデザインの基本。内羽根と外羽根の違いは?

紐で結ぶタイプの革靴には、羽根の部分に内羽根と外羽根の2種類があります。

今回はその違いを解説したいと思います。



内羽根とは?

靴紐を通す部分(羽根)が内側に縫い付けられた仕様のこと。

内羽根は、フォーマルや大切なビジネスの場に選ばれます。

スッキリとエレガントな印象を醸し出し、落ち着いたスタイルに適しています。ドレスシューズ・フォーマルシューズによく使われているデザインです。




外羽根とは?

靴紐を通す部分(羽根)が外側に縫い付けられた仕様のこと。

外羽根は、ビジネス・カジュアルなシーンの両方に適しています。

内羽根よりもカジュアルな印象なりますが、一般的なシューズにもこちらのデザインが多く取り入れられています。



「おしゃれは足元から」と言いますが、靴は意外と目につくものです。

社会人として、シーンに応じたふさわしい靴を選びましょう。


お買い得な革靴をお探しなら


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page