【革靴の基本 : 革靴の製法について2】

更新日:10月3日

今回も革靴の製法についてです。

「マッケイ製法」についてお話いたします。


マッケイ製法

イタリアの代表的な製法のマッケイ製法は、アッパーと中底、アウトソールをマッケイ縫いミシンにより直接縫い付ける方法です。

返りが良く、履いたときから足になじむのが特長で、ソフトなカーフやキップなどの素材と相性が良く、総じて高級品に使われることが多いです。

製法の特徴上、靴の外見が華奢になるため長時間の歩行用というよりは、タウンユースが中心になります。この製法では、中底の表面に縫い糸が出てることが製法の見分け方になります。

また、アッパー、中底、アウトソールを直接縫い付けるため、縫い目から水が浸入しやすいという欠点があります。


いかがでしょうか?

今回は「マッケイ製法」の解説でした。

【革靴の基本 : 革靴の製法について1】

お買い得な革靴をお探しなら

株式会社プライムロード オンラインストアはこちら

閲覧数:8回0件のコメント